PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ASKAソロコンサートin米子(鳥取県)

ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK in 米子コンベンションセンター(BiG SHiP)
http://walk.chage-aska.net/

ASKAがソロなら、私もソロ!
…という訳で 5月8日(金)1人でコンサートに行ってしまいました!(初めて~)

20090508233150
ツアーバスは3台でした!(携帯にて)

20090508.jpg
そして今回もツアー記念グッズを買いました。(これはデジカメ画像)

ライブグッズは記念なのでどのアーティストも小物は買ってるけど、リストバンドやハンドタオル系が(ロッカーと違って?)ASKAグッズに無かったので、会場限定ピックのみと思うも、シンプルな黒Tを思わず衝動買い。

アーティストのツアーTシャツ買うのは初めて


1人ででも行こうと思った心境の変化↓

舞台やコンサート・野球観戦でちょいと散財ぎみだったのと
連休明けの月初めの平日、仕事量多い…ってチケット買わなかったけど、フレックスを使えば行けなくは無い。
しかも、未だにCMで宣伝していて、ASKAの歌声を聴いたらとても懐かしい気分になり、しかもCDをあまり買わない私が持ってるCD(10枚程度)の中にASKAのアルバムは2枚もある!(この他チャゲアスのCD数枚♪) ということを思い出てるうちにASKAに逢いたくなってきた!という訳で、2日前に買いに行って来ました。
これで21列目っていうのは、私より後ろの席の人に申し訳ない気分^^;

YAHYAHYAHでチャゲアスにはまり、CD買って聴いてるうちに気に入ってる曲がほとんどASKAメインだと気づき、その後ソロアルバムも購入したというのが私のファン歴。ただ、近年は他のアーティスト含めてあまり音楽チェックしてなくて、でも最近はこのブログ見ての通りコンサート行った影響で、DAIGOやGackt はせっせとチェック中^^;

そう言うわけで、慌てて会場に向かうまでの車内でASKAのアルバムを聴いたけど
何度も聴いたCDだからすぐにASKAワールドに入れました

コンサートは、5分?10分程度遅れてスタート
出だしは、テープ音でASKAが語り始めました。なんだか心の葛藤みたいな内容。目的を持つと壁がいっぱいできて、それが無くなった時が開放…だとかそんな感じのことを語ってました。

1曲目が終わった辺りでASKA挨拶「初めましてよろしく」またすぐ次の曲
5曲くらい一気に歌ったかな? その後MCでお客さんを座らせ
まず何を話すか、地元ネタかな?と思っていたら…チャゲアス解散報道のことについてだった。
サザンの騒ぎがちょっと治まった頃に報道されたからチャゲアスも?!ってちょっと衝撃的だったとはいえ、すぐ事務所が否定したし、はっきり言って・・・
騒ぎ自体 もうすっかり忘れてました^^;

コンサート始まっていきなりこういう話題だったので、テンションが少し下がってしまった。
きっとファンに直接説明できる機会なので、全ツで回るところ全部で話してるんだろうね。

だけど「帽子かぶってサングラスした変な奴」の話が何度もでてきて、今日は居ないのに居ない人の存在を説明するっていうのは、やはりコンビならではという感じかな。この1年(私にしては!)沢山コンサート行ったけど、こういう状況って初めてだったからなんだか新鮮
コンビとソロ… どちらの活動にも意味があって、長く歌ってきて、50代になり、この先どうするか色々考えてしまう節目の時期
私は、どちらでも良い… かな。本人がしたい方向へ向かうのが一番だもの。

ソロ活動10年目を向かえ、独特の空間を作り出しているGackt
走りだしたばかりでパワフルなDAIGO率いるBREAKERZ
10年目を過ぎ、老若男女から慕われている演歌会のアイドル氷川きよし
40年目、その記念コンサートと共にNYのシアターで日本人初コンサートを目前にし、緊張と喜びを堪能していた和田アキ子

ASKAの話を聞きながら、この1年見たそれぞれのコンサートを振り返ってしまいました。
(それにしても、この1年で無茶苦茶なジャンルを見まくってる私・笑)

話を戻すと、あと他には曲作りの話もしてました。
A「作ってるんだけど、9曲くらいだとがっかりするでしょ、やっぱり12~3曲はアルバムに入れたいよね」とか 「いつか分からないけど、30周年パーティーをしましょう」
 「今度台湾でのコンサートも決まったんですよ」 (HPでも発表になったばかりでした)

A「昔も(台湾で)やったことあったんだけど、あの頃はまだ日本語が禁止の頃で、そんな中無謀にコンサートを企画したんだけど、結局直前になって日本語が解禁になったんだよね。」という話や「あれは、忘れもしない出来事だったんだけど、上海でね、面と向かって向こうにスタッフ(?)から「自分は日本人が嫌いなんだよ」って言われたんだよね。あー、違った韓国だ。 忘れもしないなんて言って間違えてるね」会場:笑い

今回のバンドメンバーは7人、素人なのでよくわからないんだけど、音楽に深みがあるというか、ASKAの声とも良い感じでマッチしていて聴き応えがあって、やっぱり来て良かったです。

中でもバイオリンの女性に注目
コンサート始まって最初の何曲目かのところで、ソロパート(だったかな)その音色に聴き入ってしまいました。(この間のGacktがバイオリン弾いた時も思ったけど、改めて…バイオリンって良い!!)

座ったまま落ち着いてバラードを5曲くらい聴いた後にASKAが
 「こういう曲が続くと眠くなると思うんだけど、隣の人が寝てたら突いてね」だってw

A「きっくすという曲は、不人気だったんだよね。(後で調べたら「kicks street」という曲でした)
ファンレターとか貰うと丁寧に感想を書いてくれる人がいるんだけど、中にははっきり言われる人もいて”今回のはイマイチだと思います。次に期待します”とか書かれてね。”この曲は良かった。この曲は・・・まぁ合格” 合格!?(←ファンレター読んで驚くASKAのリアクション)

A「やっぱりそういうのって、短い言葉の方がずばっと来るんだよね。
 あれがこうでああでって書かれるよりね。嫌い!って言われる方がね。」

ASKA的に思い入れがある曲だからこのネタを各会場で話してるのかな???
今回初めて聴いたので、よくわからずただ聴いてたんだけど、歌った後でこんなこと言われると思ってなかったから、改めて聴いてみたいよ。このネタは結構長く続いて、終いには

A「今日はね、本人が来てるから」「本人がこう言ってました」とか言ってたかと思うと
最後は去って行くキックス君?の姿を見送るように手を振ったりして「こういう時ライトが追ってくれると良いんだけど」ってダメだししてたw

まさかこんな小芝居があるとは思わなかった(笑)
ちなみにキックス君は、ASKAの膝くらいの身長ですw

そして、バンド紹介
ドラムス江口信夫、ギター古川昌義、ベース荻原 基文
ギター鈴川 真樹、マニュピレーター小笠原 学
キーボード&バイオリン・クラッシャー 木村(女性)

ASKAが突然「あれやろうか。ここなら、だれること無さそうだし」って言い出し、何?!何?!
と思っていたら「即興がどういう風にできるかやってみますね」という様な説明のあと 「じゃあ、行ってみよう」ってチョーさんのモノマネみたいな言い方してくれた^^
そして、ギターの古川さんとふたりで即興が始まりました!<吉川さんとのは貴重らしいです!
しかし歌い始めいきなり「あ…ちょっと待って」って言って止めて、やり直してたw

あと、福岡から出てきた頃の話が始まり「当時は福岡から東京に出る人たちが結構いて、そういう先輩たちが道を作ってくれたから、自分も何かできるんじゃないかって思ったんだよね。」などなど、やはり30年目を意識したかのような思い出話 (帰宅後、久々に取り出したASKAのCDを見たら、同じことがここにも書いてあったけど^^)


服装はジャケット・Tシャツ・Gパンだったけど、途中で抜いたジャケット、終盤でまた着たので(暑いだろうに、また着るんだ…)って思ってしまった。曲とのイメージなんだろうけど^^;

ネット巡りして参照させて貰いました。曲リスト
Now/HELLO/狂想曲(ラプソディ)/どってことないさ/僕はすっかり
birth/GIRL/kicks street/遊星/good time/あなたが泣くことはない
帰宅(ASKAがギターで弾き語り)/L&R(後で知ったけどチャゲアスのふたりの意味らしい)
Red hill(ステージが真っ赤になったからすぐこの曲が流れる!ってわかった)
晴天を誉めるなら夕暮れをまて(待ってましたって感じ♪)
月が近づけば少しはましだろう(嬉しい曲が続く~♪)
けれど空は青~close friend
 (↑ステージのバックには空の映像←実はこの間のBRZを思い出してた私>似た演出)
PRIDE(この辺、かなり声がかすれてました。ツアーって大変だね)
UNI-VERSE

アンコールで再び登場した時、ASKAはシルクハットを被りステッキを持って現れました。
スティックを一通り振り回した後は、ステッキから花を出すマジックまで披露w
(これは会場によっては失敗もあるみたいで、その後のリアクションが違うから楽しそう)

曲は昭和の曲を歌ってました。この時のバイオリンの女性はタンバリンだったんだけど、凄く楽しそうな振りでASKAそっちのけで魅入ってしまった♪

恋の季節 →ボヘミアン
A「もう1曲歌わせてね」って言って3曲目 →夢はるか(さすがに知らない曲だった…)

最後はまた録音テープが流れ(もう何て話してたか忘れましたが…)
手を振りながら、ASKAが口パクし 去っていきました。

終わったのは21時半。約3時間のコンサート楽しかったです
行って良かったぁぁぁぁぁ

懐かしいモードに入ってしまって、レポらしいレポになって無い気もするけど、なかなかアルバムが出せない葛藤など話されたりと、結構たくさんしゃべられたので活字にするのは難しかったのでだいぶ割愛してます。挫折。とにかく久しぶりに聴くASKAの歌、しかも生で聴けてほんとに癒されました。引き続き他の方のレポ見たり、動画巡りして楽しんでます。みなさん凄い!

あ、一応米子コンベンションメモ…
(21列目はちょうど目の前が通路で壁も無かったんだけど、人が通る度に床がかなり揺れるため、20分前に座ったことを後悔しました。揺れすぎて酔うかと思った…。更に、中央には音楽機材を構うスタッフさんがいるんだけど、コンサートの最中に何度も出入りされる為、目の前を行ったり来たり。170cm以上ある男性はしゃがむこと無く堂々とした姿勢で目の前を歩いてく…。)

ネット巡りしてたら、米子の翌日には福岡に戻って買い物してるASKAの姿が!
こんな情報がすぐわかるなんて、やっぱりネットって凄いわ。
http://ameblo.jp/furunaga/entry-10257940268.html

ギターの古川さんのブログ(江口さんはドラムスの方)
http://blog.goo.ne.jp/kauai_2008/e/c0cd56c760d993d5aa8080e18b77a16a

木村さんのブログに山陰銘菓がw
http://55crusher.blog86.fc2.com/blog-entry-82.html

スタッフさんのブログ(ノドグロ食べてる!どこで食べたのかな~)
http://www.chage-aska.net/tours/walk/diary

相方のCHAGEは、BOSS出演中の天海さんとメル友?!
http://ameblo.jp/chage-blog/entry-10257584856.html
関連記事
スポンサーサイト

| 芸能・舞台 | 23:31 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ASKA!

いつもライヴレポは、すっごく楽しく拝見してるんです、が。
ASKAは別格です~Love♪な時期を思い出しました・・・・・・実は私初ライヴはASKAの初ソロツアーだったのです!
 もう10年以上前になっちゃいますけどね。だから懐かしい!
 「僕はすっかり」「帰宅」私も生で聴きましたもの。大好きです。
 「晴天を~」「月が~」「けれど空は青」の流れ、サイコーですっ、さすがASKA。
 「夢はるか」歌えますよ(爆)逆に最近のがわかりません。
 嗚呼なんか、あまりの懐かしさにYOUTUBE検索しちゃいました。
 ASKAソロは、結局2回かなぁ3回かなぁ。その後CHAGEのソロコンも行って、C&Aアコースティックin武道館にも単身乗り込んだんですよ・・・・・・その頃はC&A一色だった私です。
 今ではすっかりPerfumeに骨抜きだけど(苦笑)。

| youme | 2009/05/20 03:59 | URL | ≫ EDIT

>youmeさん

わーい、Liveレポに反応して貰えるとめちゃ嬉しいです☆
動画巡りしちゃいますよね~
私もコンサートの後、めちゃくちゃチェックしまくって
今頃知ったこの数年の空白期間の動画を見て感動♪し
ブログにupしようと思いつつ、とりあえずホーランエンヤが終わってからにしようと、我慢してるところなんです^^;
今、私の脳内はDAIGOやGacktがふっとんでます!
ビバ☆ASKA

あぁ、ちょうど今頃福岡公演が終わったぐらいですね。
いいなぁ。故郷はまたMCが特別バージョンだろうなぁぁぁ

| ひろか | 2009/05/20 21:33 | URL | ≫ EDIT

触発されて

あんまり昔のハナシなのだけど、記憶の片隅にあったASKAライヴについて書いてみました。
 書いてたら泣きたくなっちゃった・・・・・・生で聴きたい!

| youme | 2009/06/01 02:18 | URL | ≫ EDIT

>youmeさん

なんと、素敵な時間のコメントですね(笑)
早速飛んで行きますね~

それにしても、他の方のレポを読んでいても
泣けてくる~って書いてる方が多いですねi-197
私も、また生で聴きたい!!
それもプラバホールの音響で聴いてみたいですi-237

| ひろか | 2009/06/01 22:51 | URL | ≫ EDIT

感動!

私も一人で米子でのコンサート行きました。
しかも、チケット購入は2日前!24列目で私から後ろはガラガラで非常に残念でした。
ふか~い訳があって、ASKAの曲もファンだということも皆に黙っていましたが、米子に彼が来ると思うと、いてもたってもいられずになりチケット購入に至りました。
やっぱ行って良かった!ただそれだけです。
「PRID」のかすれ声はわざとなのでは?きっとそう思います。
あんな気持のこもった「PRID」は聞いた事ありません。身震いがして昔の記憶が溢れ出し、気が付けば号泣してました。
ちなみに最後の話は、「こうして一人でステージに立つと、いつも奴(チャゲさん)が後ろで支えていてくれたんだとすごく感じる。でも、奴にとっては俺の方が後ろなんだろうけどね。」みたいな話だったような。

| まっくす | 2009/06/03 23:28 | URL | ≫ EDIT

>まっくすさん

2日前ってことは同じタイミングですね(笑)
ファンなのを隠すふかい訳って、なっなんですか?そんなこと言わずに、小声でも応援してあげてくださいi-278
かすれ声がわざとなのか、歌いすぎなのか、そんなこと関係なくとっても良かったですよね♪>PRID
最後の話は、なんとなくCHAGEの話だったと記憶してたけど
そんな感じだったのですね。あと、矛盾がどうの…とも言ってませんでした。
自分で聞いた記憶かネット巡りした情報か、もうわからなくなってきましたがi-229

それにしても、またコンサート行きたいです~

| ひろか | 2009/06/04 23:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT