FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

月組「エリザベート」千秋楽

今日は紅茶教室のあと、松江東宝で上映の宝塚月組「エリザベート」千秋楽へ

申し訳ないけどもう10年くらいヅカをまともに観てなくて現役ジェンヌさん知らない。
現役さん達に思い入れが無いけど、エリザベートという作品の魅力により
ライブビューイングがあることを知って、チケット申し込んだら買えたので一人観劇。
席は映画のように自分で決められないので、届いて初めてわかったけど7列目。
後方だったけど、正面に近い場所だったからとても良い感じ。

再び申し訳ないけど、何組を観るんだったか組すらうろ覚えのまま映画館へ。
上映が始まると (東京の劇場行ったこと無いけど)懐かしい宝塚の世界観!!!

トート閣下!!(なんだかダイナミックさがあって麻路さん系って印象)
シシィ登場(可愛い感じ。私の中ではどうしでも花總さんが思い浮かぶ)
ルキーニ(これはどうしても轟さんの印象が強くて。東宝だと高嶋さんだし)
ゾフィ(なんだろ。眉が細い。もう少し眉を太めにした方が強さが感じられると思う)

どうしても初演の頃と比べてしまう。(私の時が止まり過ぎ)
あ、宝塚だけじゃなくて東宝の一路エリザベートも涼風エリザベートも生で観てるけどね。

エリザベートが亡くなったシーンでトート閣下がアップになった時の神々しい輝き
あの演出はいつからなんだろ。ミカエル、ラファエル?って思ってしまった。
初演からあんな感じだったかな?アップだったから印象強くなっただけ?

アップで思い出したけど、観ていて思ったのは顔アップが多かったこと。
昔、私がTVで観ていた頃の印象だと、関西テレビ収録は顔アップ多くて
NHK収録は、舞台全体が観えるように引きの映像が多かったはず。
今日はまるで劇場にいるような感覚だったから、もう少し引きの映像で全体を観たかった。

エリザベートが終わるとそのままサヨナラショーへ
トップ娘役さんが退団されるということだけは事前チェック済み。
今は良いよね。こうして最後の千秋楽を丸ごと観ることができるなんて。
私がはまってた頃は、ニュースで数分観ることができたり
数ヵ月後のTV放送を待って編集されたものを観てた。
ただ、涼風さんのサヨナラ公演「グランドホテル」は著作権の関係で
放送も無ければDVD発売もなくて、作品自体未だに見れて無いんだよね。
天海さんは男役の2番手だったけどこの作品では女役。
劇場に行けなかっただけに、映像でも観たかったなぁ。

話が逸れた。

サヨナラショーまで、リアルタイムでどういう流れかわからないまま観ていたら
副組長の挨拶が始まり、何で副なんだろ?って思っていたら 組長も退団されると!
あのゾフィ役の人だとここで知る。 だから眉も細く綺麗系だったのかな。と勝手に納得。

娘役トップさんは7年もトップだったそうで、実力と人気があった方なんだと思いながら
素敵なショーを観させて頂いてたんだけど、気づくとお隣さんがシクシク泣いておられた。
ここでハッとする。ずっと応援してきたガチファンが周りにいる。当たり前か!
冷静に観ていてごめんなさいな気分^^;

というか、この松江の映画館にいるこれだけのお客さんたち皆んな宝塚ファンなんだよね。
私の周りほとんどいないから、泣いてるお隣さんも一人だったし、知り合いになれたら
色々今の宝塚事情を私に思いっきり話して欲しいって思ってしまった。

帰宅して、無性に初演の頃の宝塚エリザベートが観たくなった。
でもーーーーー

当時の映像は、、、ビデオテープ!!!

ずっとコンセントはつなげたままだけど、10年近く動かしてないビデオデッキは一応ある。
しかし、再生するの怖い。

ってかそのテープがすぐ見つからなかったから、東宝のライブ録音版CDを再生して
山口トートと一路エリザベートを聞きながら今 ブログ書いてる。
↓CDは左上(画像はケースのみ)
20181118221008661.jpg
左の写真2枚は、初演のエリザベート出演
一路トート・花總エリザベート

控えめにしたつもりだけど、久しぶりの宝塚はやっぱり楽しくて
思い出せるだけの感想を殴り書きにて、ブログ更新!

あとで、コソコソと変な文章直すと思うwww
関連記事
スポンサーサイト



| 芸能・舞台 | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT