PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィギュア世界選手権

今夜はいよいよフリーの演技。でも時差があるから放送する時点ではもう結果が出ていると思うけど、楽しみが減るからニュースとかで先に結果を知ることが無いように気をつけていた。なのに今朝の「サンデーモーニング」でWBCを中心にスポーツコーナーを1時間もするという、見応えたっぷりでTVに見入っていた時、フィギュアのコーナーでSPのことを話していたら、女性キャスターが「最新の情報が入りました。村主選手が2位です!」・・・がーん。いきなり結果を言うんじゃないよ!!


それでも1位は誰かわからなかったから、やっぱりコーエンかな?と予想する楽しみを残しながら夜の放送を見る。恩田さん着氷がかなり乱れていた。やっぱり一旦、引退かもって言われたほどモチベーション下がった事や、荒川さんが辞退したことで繰り上げ出場だったから、練習期間が2週間しかなかったとはいえ、これだけその影響が如実に出るもんなんだなって改めて練習の大切さを実感。(私が実感したところで、どうしようも無いけど)でも演技が終わった後、一旦はがっくりってポーズだったけど、すぐにふっきったような大きな笑顔が画面いっぱいに広がり、見ていて気持ち良かった。彼女は笑顔も豪快だね。

そしてコーエンの演技。たった一ヶ月前にオリンピックで戦ったメンバーの1人ってこともあり、一番の強敵と思って観てた。ただ…オリンピックの時にいた上位の選手(荒川さんやスルツカヤ)がいない。いないから今度はメダルが取れるっていう風に思いたくは無いけど(汗)。コーエンはオリンピックの時は最初からいきなりつまづいたけど、今度は彼女は完璧にやるんじゃないかって思えた。前半は同じ失敗をすることなく、中盤は彼女らしい綺麗なスパイラルとか観ることができたんだけど、途中でまた「あっ!」って言ってしまうようなジャンプ…。なんだかとても、彼女に勝たせてあげたい気持ちが沸いてきたよ。

あれぇー?でもそれじゃあ1位は誰なんだろう?って思いながら、ちょっとよそ見を(PC構って…)してると、わーわーと大歓声!しまった。演技見逃しちゃった。誰?キミー・マイズナー?トリノでも出ていたみたいだけど、あの上位4人の影にちょっと隠れてしまった感が私にはあって、今回のこの思い切った完璧な演技にビックリ(観てナイけど…)開場のスタンディングオベーションの凄さは、観てる人に感動を伝えることが出来た人にしか与えられない、最高の評価。凄い凄い。

ただ、その次に登場したのが村主さん。でも彼女なら、あっという間に村主ワールドに取り込んでしまう力を持ってるから大丈夫!もう2位だと結果がわかっていたから安心して観ていたんだけど、今回ほんとにスピードが出ていて、中盤なんて音楽よりも早く滑ってしまってるのがちょっとはっきりわかり過ぎちゃった。でもやっぱりラストに向けてスピードがアップし、高速回転で終わるあの演技は観ていて気持ち良い感動。特に上位の選手はそれぞれ持ち味があって、見応えがあるよね。

今回みんなそれぞれトリノの演技を少し修正していたみたいだったけど、全体的にみんな疲れぎみなんじゃないかなって思ってしまった。考え過ぎ?あ、中野さんもお疲れ様。これだけアメリカと日本の選手が上位を争うっていうのは凄い。フィギュア、観ていて楽しいけど、12月から結構何度も同じような大会を観ているせいか(1シーズン同じ曲で滑るとか、演技もほぼ同じだったり)少々…新鮮味が無くなってきた気もするけど、来年は東京で開催なんだって知ったら、一度で良いから生で観てみたいと思った。チケット…取れないかな?

今日発見したサイト>フィギュアスケート資料室
発見って言っても、検索したら一番上に出てきたんだけどね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

| スポーツ | 21:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT