FC2ブログ

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

≫ EDIT

松江フォーゲルパーク

ペンギンさん

今の時期は、ランドセル
20170401233603943.jpg

一匹落ち着かない子がいて、飼育員さんずっとその子から目が離せず。
ちなみに、ランドセルじゃなくて黄色いバックの子のこと。
20170401233614557.jpg

20170401233651803.jpg

20170401233716031.jpg

20170401233947816.jpg
フクロウは、不苦労とも言って縁起が良いから
置物を玄関へ置くと良いんだよね。
スポンサーサイト



| お出かけ | 23:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松江フォーゲルパーク

久しぶりに出かけた、松江フォーゲルパーク

花でハート
20170401233156329.jpg

ボタンは由志園の方が凄いよね。
20170401233233235.jpg

20170401233218641.jpg

鯉に餌もあげてきたよ。
20170401233736705.jpg

| お出かけ | 23:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥出雲ドライブ

ドライブしようってことで、行ったことなかった奥出雲葡萄園と杜のパン屋さんへ。
ただ、出発した時間が遅いので、パンを目的にするには到着が遅くなるから
買えるかどうかは微妙なのは覚悟の上でドライブ開始

しかも、どうせ奥出雲方面へ行くのなら、掛合にある竹下登記念館とか竹下酒造を
見てみよう!と、ただただ通ってみたかっただけなので、趣のある建物を記念に撮影。

20170320115817269.jpg
日曜はお休みみたい。

20170320115830377.jpg

20170320115845474.jpg
あと、DAIGOのポスターあったから撮ってみたけど逆光でスマホだと
どう写ってるかイマイチわからず、PCで見たら私が写ってて残念な感じに。

このあと、奥出雲葡萄園へ行ってソフトクリーム食べて帰宅。
http://www.unnan-kankou.jp/contents/spot/164

| お出かけ | 13:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cafe kubel(クベル)

この数年遠ざかってた隠れ家Cafeへ

20170318154432629.jpg

ブログで確認できる限りでは、2012年以来なのでおよそ5年ぶり。
本当に?自分でもビックリ。この数年どうしても田和山界隈が行動範囲になってて
あまりこちら方面にこない、ただそれだけの理由。

お店のドアを開けると、2人のお独り様男性が読書しながら珈琲タイム

私も今日は読書をしようと、あの文庫本を早速取り出す。

ブレンドコーヒーとシフォンケーキ(あずき)を注文
20170318154445840.jpg

珈琲を淹れる音と、店内に流れる音楽

それぞれ読書してるのでホントに静かでゆったりした空間。

・・・けど、私は1時間ほどしか時間がなかったから、あっという間。

もう少しのんびりしたかったんだけどね。

| 2017島根のカフェ | 22:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪が残る大山

イモトと翔くんの、大山ロケ情報がネットに流れててテンション上がったー。
春の特番の番宣のためにイモト出演で、嵐にしやがれロケなのかな?
北壁付近で、TV的な見所ってなんだろう?

その大山に私はおととい行ってた。(兄は明日スキーに行くらしい)
とても天気がよくて、地上から見る大山が本当に綺麗で、時間余ったしドライブしようということに。
道路は綺麗に除雪してあるから、運転に関しては心配なし。
だけどさすがに大山だけに、スキー場付近になると脇に寄せてある雪が山盛り。

さすがに、近くに来すぎて綺麗さが半減した印象もあったけど
本宮展望駐車場(淀江どんぐり村)から撮影
20170314220457169.jpg

みるくの里から撮影
20170314220441256.jpg

山をメインにしつつ、雪を撮るか、青空撮るかで迷った結果のアングル

| 日々のつぶやき | 22:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食パン専門店「一本堂」

焼きたて食パン専門「一本堂」へ
この間美容院でパントークで盛り上がったのをきっかけに、このお店のことを思い出し
オープンしてだいぶ経つので、もう行きやしかも?と思い、行ってみることに。

看板商品は「一本堂食パン」(250円)
こちらは基本的に4種類の食パンを販売するお店だそうで
予約した方が良いような情報も得てたんだけど、まずは行ってみることに。
だって、予約しないお客さんだっているはずだし何を予約したら良いかもわからないし。

ウェルネス近くの交差点を曲がればわかるかな、と思って走ると
はい。見逃しました。そのまま大きい通りに出てしまい、改めてもう一周。
今度はちゃんと「グリーン調剤薬局」を目印に、お店を見つける。

お店の前が駐車場。扉を開けるとすぐレジカウンター。
そっか、食パンだけシンプルに売ってるから、広い必要は無いんだ。

まずは看板商品の「一本堂」を6枚カットしてもらう。
そして、ちょうど焼きたてですと教えて貰った 国産小麦の「たから」も購入。
焼きたてということで、紙の袋に入れられ、帰宅するまでの間もビニールの袋は
下ろして冷めやすい環境にするようにと、丁寧に説明していただいた。

20170312121259311.jpg

焼きたてをすぐ食べたい気持ちを押さえ、1日置いて今朝頂きました。
我が家では、トマトととろけるチーズを乗せて食べるのが定番なので
乗せる前に撮影。

20170312121310889.jpg
左が一本堂、右がたから

食パン専門店「一本堂」 松江春日店
2015年9月オープン

| グルメ島根編 | 13:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キララ多岐で昼食

道の駅までドライブしてからのランチ

私にしては珍しく、ラーメンを注文。美味しそうだったから。
単品で食べたけど、セットにすると白米と唐揚・サラダ・漬物が付いてくるってことで
想像してみたら白米食べきれるかな?って微妙だったから止め。

運ばれてくると

桜えびの香りがとても食欲をそそり、美味しかったですよ。

20170305225801515.jpg

こちらは、海鮮たっぷりの 海鮮丼
20170305225813010.jpg
わさびたっぷり!

| グルメ島根編 | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クッキング・ママシリーズ

今、久しぶりに最初から読み始めてるシリーズ「クッキングママの・・・」
最近買ったのは95年発売だから、倉庫で新品が眠ったままだっただと思う(笑)
ぎゅっと押さえられた状態のものが、日の目をみた感じなので 1ページめくるごとに、端をペリペリって剥がす時の音がなんだか気持ち良い。新刊が本屋に並んでるのとも違う感触。久しくAmazon利用してなくて、本は送料無料ってことを知らずdocomoのdマーケット利用して買ってみたから、普通に送料かかって損してる。
でも、ペリペリ音が気持ち良かったから まっいっか。

1.クッキング・ママは名探偵 1994年11月18日←購入(島根県立図書館有り)
2.クッキング・ママの捜査網 1995年03月17日←最近購入して今読んでるところ
3.クッキング・ママの名推理 1995年05月19日←購入
4.クッキング・ママの事件簿 1995年11月17日←購入:ここで主人公再婚!
5.クッキング・ママの召喚状 1996年08月20日(島根県立図書館有り)

6.クッキング・ママの検屍書 1997年09月19日(島根県立図書館有り)
7.クッキング・ママの依頼人 1998年12月15日(島根県立図書館有り)
8.クッキング・ママの真犯人 2000年06月20日(島根県立図書館有り)
9.クッキング・ママの告訴状 2001年05月18日(島根県立図書館有り)
10.クッキング・ママの超推理 2002年05月25日(島根県立図書館有り)

11.クッキング・ママの供述書 2003年09月19日(島根県立図書館有り)
12.クッキング・ママの鎮魂歌 2005年09月16日
13.クッキング・ママの遺言書 2006年12月15日
14.クッキング・ママのクリスマス 2008年12月16日←初めて購入した
15.クッキング・ママのダイエット 2010年10月20日←購入

16.クッキング・ママと仔犬の謎 2012年10月19日←購入
17.クッキング・ママの最後の晩餐 2015年04月17日←購入(しかし未読!)

なんでこのシリーズを買うようになったんだっけ?と
きっかけを忘れてしまっていて、改めて本棚から手持ちの本を出して並べてみたら
一目瞭然!


カレルチャペック紅茶店のオーナーでおなじみの絵本作家、やまだうたこ(山田詩子) さん
平積みになっていたから表紙が見えやすく、山田さんの絵だってすぐ気づいて手に取ったのがきっかけ。
パラパラめくると、シングルマザーの主人公がケータリング業で生活していると、殺人事件に巻き込まれてしまい、時には自分に疑いがかけられることもあり、真実を突き止めようとケータリング業もこなしつつ事件を追う物語。新しい恋人が刑事というのも強い味方。但し別れた暴力夫がちょくちょく登場。
そして随所で食べ物が出てくるのもなんだか惹かれた点のひとつ。但しレシピは米国サイズ。
さすがに、作ってみようって感じは無いけど、読んでみようかな。
そんな感じで、クッキング・ママのクリスマスを買ったと思う。

実際読み勧めていくと、表紙のメルヘンな感じとはかけ離れてた。
そもそもどんなきっかけで絵本作家の山田さんが描くことになったんだろ?

シリーズ最初の方と終盤は持ってるから、あとはぼちぼち図書館で借りようと思ってるので、貸し出し中になってたら高い確率で私のところでしょ(笑)。島根県立図書館で今このシリーズ読んでる人っているのかな。いないだろうなぁ。
推理ものだけど、登場人物がカタカナ名なので忘れやすく、ちょいちょいこれって誰だったっけ?って感じになって推理してる余裕がないのが正直なところ^^;

| 日々のつぶやき | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月